毎日新聞(大阪版)2018年1月19日夕刊「舞台をゆく・適塾」

1月19日の毎日新聞(大阪版)の夕刊7面に適塾の取材記事が掲載されました。
年末に大阪大学適塾記念センターの松永和浩さんと私が取材に同行し、動画も撮影しました。
緒方洪庵に向かって緊張しながら挨拶する手塚良庵の姿が描かれた客間と、塾生大部屋でそれぞれ解説しています。

舞台をゆく  青き大志 育む揺りかご 適塾(大阪市中央区)=手塚治虫「陽だまりの樹」

 

大阪大学適塾記念センターの松永和浩先生と。

毎日新聞夕刊(大阪版)2018年1月19日(金)「舞台をゆく・適塾」

 

今年は手塚治虫(1928~89)の生誕90周年。後期の代表作「陽(ひ)だまりの樹(き)」は曽祖父の蘭方医、手塚良庵(後に良仙を襲名)を主人公に、幕末の激動期をたくましく生きる人びとを描いた物語だ。良庵が学んだ大阪の蘭学塾「適塾」は手塚の母校、大阪大のルーツでもある。福沢諭吉、大村益次郎ら多彩な人材を生んだ学びやをしのびに訪ねた。【反橋希美】

 お調子者で女性にだらしないが、患者と向き合う姿勢は真剣そのもの--。人間味あふれる医師として描かれる良庵は、常陸府中藩(茨城県)の藩医の息子として江戸で生まれ育つ。適塾入門は1855(安政2)年。その後は江戸で種痘所開設に尽力し、西南戦争に医師として従軍後、病死した。物語は良庵と、その盟友で倒れゆく幕府に忠誠を誓う架空の武士、伊武谷(いぶや)万二郎を軸に展開する。

 昨年末、大阪大適塾記念センターの松永和浩准教授(39)、手塚ファンで作品ゆかりの地を紹介するサイト「虫マップ」(http://mushimap.com)を運営する田浦紀子さん(39)と現地へ向かった。大阪・北浜のビル街にある町家は、良庵が「夢に見たアノ適塾!!」と興奮した外観そのものだ。今の建物は解体修復後の1980年5月に公開され、その約1年後の81年4月に連載が始まった。このタイミングを奇貨とし、綿密な取材を基に数々のシーンが描かれたことがそこここで分かる。

 適塾は、医学書の翻訳や種痘の普及と多大な業績を残した蘭方医の緒方洪庵が開いた。応接間に入ると目に入るのが、ドイツの医学書を重訳した書「扶氏経験遺訓(ふしけいけんいくん)」(複製)。「勉強に身が入らない良庵に、洪庵が1カ月貸し出すから暗記するように諭す場面がありました」との田浦さんの言葉に、「全30巻あるから大変でしょうが、蘭学者は皆読みたがったそうです」と松永さん。そういえば作中、史実でも良庵と同窓生だった福沢諭吉が「うらやましいぞッ」と詰め寄っていた。

 奥の客座敷は、良庵が緊張しながら洪庵にあいさつする場所だ。床の間の「扶氏医戒之略(ふしいかいのりゃく)」は先述の「扶氏~」で医師の心がけを説いた部分を抄訳した文章だが、洪庵自ら実践したという。松永さんは「名利を顧みず己を捨て人を救わんことを願うべし、と崇高な理想が書いてあります」と解説する。

 作中で何度も良庵が転げ落ちた急な階段を上ると、2階には塾生の大部屋がある。現在は27畳、大正期の「軒切り」(家屋縮小工事)前は32畳だったといい、塾生は1人1畳の空間を与えられ寝起きした。シラミは「塾中永住の動物」で身なりの立派な塾生は少ない。だが勉学には真面目で、蘭書の会読がある前日には塾に1冊しかない蘭和辞典に皆が群がる--。福沢の自叙伝「福翁自伝」で回想される生き生きとした様子は、「陽だまり~」にも生かされている。

 「武士に限らず誰をも受け入れたうえ完全な実力主義で、寝る場所も成績で決める。『自主自立』が適塾最大の特色でした」と松永さんが言うと、田浦さんは「全国各地の若者たちが切磋琢磨(せっさたくま)していた姿を思うと、改めて向上心を持つ大切さを教えられる気がしますね」。

 適塾の名は、洪庵の号「適々斎」に由来する。「己の適とするところを適とする」との意味通り、信じる道へ進む若者を育む気風は今の大阪にもあるか。隣接する公園から塾を見守る洪庵像を見上げ、自問した。

 

忘れ得ぬこだわりと執念…手塚治虫の元アシスタント 野村正さん(61)

私が手塚プロダクションに入社したのは1982年で「陽だまりの樹」の連載中でした。手塚先生は週刊誌の連載をいくつも抱えていたので、昼と夜にそれぞれ10人ほどのアシスタントが作業しましたが、締め切りは守れない。先生のためだけに、印刷所が夜中も輪転機を待機させていました。

多忙の中でも、作品へのこだわりは妥協がなかったです。「陽だまり」の資料は段ボール2、3箱あったでしょうか。背景は資料写真を見ながらアシスタントに指示を出すのですが、複雑な背景を描く時は直接ペンを入れる時もありました。本当は全部自分でやりたいんです。1巻目の単行本を出す時、あるシーンのはかまの柄が史実とは違うということになり、深夜にアシスタントを集めて描き直したこともありました。「これが巨匠の現場なんだ!」と驚きましたね。

亡くなる前も病院のベッドの下に原稿を隠して仕事していました。その時の鬼気迫る姿はものすごくて。先生にたった一度だけほめてもらったことがありますが、その時の筆を運ぶ感覚が今も私の指針です。

 

アクセス
京阪電車、地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」から徒歩5分。
*午前10時~午後4時。月曜休。参観料は一般260円、高校・大学生140円、中学生以下無料。

 

読売新聞よみほっと日曜版「名言巡礼」2017年11月19日

読売新聞2017年11月19日のよみほっと日曜版(東京本社版)の「名言巡礼 マンガの神様 生命見つめ」で、千吉稲荷神社など、宝塚の手塚治虫ゆかりの地が取り上げられています。(文・西條耕一 写真・岩佐譲)
2面で、拙著『親友が語る手塚治虫の少年時代』が引用されています。


手塚治忠?手塚泣虫?
手塚治虫が死去してから30年近くたつが、今もマンガの復刻版だけでなく、往年の手塚について書かれた著書が数多く出版されている。
今年4月に出版された「親友が語る手塚治虫の少年時代」(和泉書院)は、宝塚など手塚ゆかりの地を研究する田浦紀子、高坂 史章さんの2人が編著者。手塚の弟・妹や、宝塚時代の同級生の講演などから手塚の若い頃のエピソードを数多く集めた労作だ。
中でも、手塚の同級生の話として、本名の「治」からペンネームを「治虫」にした詳細な経緯が面白い。
小学4年の時、昆虫図鑑に載っていた、目玉が大きくてひょろ長いオサムシを見た級友が手塚の顔つきや体形に似ていたと思ったのか、「手塚オサムシや」と冗談を言い、手塚が意気揚々と「命名 手塚治虫」と黒板に書いた、という話が披露されている。
手塚は「治虫」を「じちゅう」と読まれるのを嫌った。また、手紙の宛名が何度も「手塚治忠様」で来るのに閉口したという。出版物にも名前の誤植は数多く、自伝によると、ある新聞が「手塚泣虫」と書いたことがある。それが所得番付の記事だったらしく、「いくら税金で泣かされているとはいえひどい」という笑うに笑えない逸話も。
今年は国産アニメが日本で公開されてからちょうど100年。来年は手塚生誕から90年となる。マンガやアニメの作品だけでなく、こうした著書を通して手塚への関心が高まることを期待したい。

【読売オンライン】手塚治虫「ガラスの地球を救え」

【動画】名言巡礼 手塚治虫「ガラスの地球を救え」から 兵庫県宝塚市

 

11月23日(木・祝)お茶べりBOOKサロン@大東市立公民館

日程 11月23日(木・祝) 14時00分〜16時00分
場所 大東市立総合文化センター(サーティホール)こみってぃさろん
内容 漫画の神様・手塚治虫に関する本を持ち寄り、手塚漫画の魅力について語り合います。ゲストによるトークもあり。
ゲスト 田浦紀子(『親友が語る手塚治虫の少年時代』編著者)
協力 大東市立中央図書館
対象 どなたでも
定員 10人程度
費用 300円(飲み物、お茶菓子つき)
その他 本をお持ちでなくても参加可。
申込み11月7日(火)より電話か来館
【申込・ 問合せ 問合せ 】
大東市立 公民館 (指定管理者 アステム )
〒574-0037 大東市新町13-30
大東市立総合文化センター3階公民館事務室
電話072-873-3522

大東市立公民館のイベントページ

チラシPDF版

【開催レポート】11/23お茶べりBOOKサロン@大東市立総合文化センター

「ザ・淀川」2017年11月号

「ザ・淀川」2017年11月号に、10月7日の六稜トークリレーの記事を掲載いただきました。告知記事と講演後の記事の両方を連続で月刊誌に載せていただくのは初めてです。編集長の乃美夏絵さんからとても嬉しいメッセージをいただきました。

「六稜トーク、本当にお疲れさまでございました。本当に内容が充実した有意義な講演会でした。幅広い年代の聴客を惹きつけるのは至難の技だと思います。改めて、これまで田浦さんがされてきた、研究成果の凄さを感じていました。
いっそう“田浦ファン度”が増しました。
『紙の砦』、最後まで、胸に響くものがありました。この胸に残ったものを大事にしたいと思いました。ありがとうございました。」

なんだか『ガラスの仮面』でいう紫のバラをいただいたような心境。「あなたのファンです」という言葉を励みにこれからも頑張ろうと思います。


誰でも気軽に学べる「六稜トーク」

10月7日、北野高校・六稜会館で「六稜トークリレー」が開かれました。毎月原則第1土曜日に開催されるこの催しは、北野高校の卒業生を講師に迎える生涯学習系プログラム。多様なテーマで企画され、豊富な話題に、常連になる方も。「学校の中なので入りにくいと思われるかもしれませんが、気軽に足を運んでもらえたら」と世話人の谷卓司さん。
この日の講師は田浦紀子さん。「卒業生でない講師」は2例目だとか。田浦さんは「旧制北野中学校(現北野高校)を卒業した漫画家・手塚治虫さん」 の大ファンで、研究成果が新聞や雑誌等でも取り上げられているほど。今春出版された本『親友が語る手塚治虫の少年時代』をもとに、手塚治虫さんのルーツにふれながら、北野中学校時代の体験が基となっている『ゴッドファーザーの息子』や、自伝的漫画として有名な『紙の砦』といった、淀川区にいて身近に感じる作品の数々を解説してくれました。

また、田浦さんは北野中学校時代だけでなく、阪神間に多くある「手塚治虫ゆかりの地」を訪ね、調べることをライフワークとしており、後半は、主に中之島を中心に、手塚治虫さんが子どもの頃に電気科学館のプラネタリウムに衝撃を受け、通いつめた体験が後のSF作品に強く影響していることや、曾祖父・手塚良庵が入門した適塾が描かれている『陽だまりの樹』、大阪大学付属医学専門部時代に通った阪大病院が描かれた『アドルフに告ぐ』などの作品を挙げながら、取材で得た実際のエピソードを交えて紹介してくれました。
「これらのゆかりの地を巡ることができる“虫マップ”を20年前から作り、今はスマホがあれば追体験できるように改良しています。中津・十三・梅田・中之島…他のエリアも充実させていきたい」と田浦さん。

11月4日(土)トキワ荘塾 対談「手塚治虫の少年時代」

第9回 トキワ荘塾 対談「手塚治虫の少年時代」のご案内

漫画家・手塚治虫の親族、同級生、仕事関係者の証言を集めた『親友が語る手塚治虫の少年時代』(田浦紀子・高坂史章 編著・和泉書院)が今春、出版されました。NPO法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラムでは、編著者の田浦紀子氏をゲストにお迎えし、本書に登場する手塚治虫のサブ・チーフアシスタントの伴俊男氏、手塚治虫の少年時代を描いた自伝的漫画「紙の砦」の担当編集者・黒川拓二氏との対談イベントを開催いたします。

日時 2017年11月4日(土曜日)午後2時~4時

会場 トキワ荘跡地・日本加除出版(株) 本館4階ホール
(東京都豊島区南長崎3丁目16番6号)

出演者
田浦紀子(『親友が語る手塚治虫の少年時代』編著者)
伴俊男(『手塚治虫物語』著者)
黒川拓二(「少年キング」元編集長)
司会:小出幹雄(NPO法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム理事)

内容
午後2時~4時
<第1部>「手塚治虫物語」対談・田浦紀子×伴俊男
<第2部>「紙の砦」対談・田浦紀子×黒川拓二
※第2部終了後、田浦紀子・高坂史章 編著『親友が語る手塚治虫の少年時代』
サイン本販売会を行います。
午後4時~ 活性化交流会

参加費 無料、活性化交流会は1,000円(トキワ荘名物チューダーとつまみ付き)

定員 40名(申し込み先着順)

7.参加方法
氏名(必須)、所属団体、連絡先(電子メール))、活性化交流会に参加するかどうか、を
メール jimukyoku★tokiwasou.jp(★を@に変換)又はFAX(03-3953-5772)に送信してください。

主催 NPO法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム

登壇者プロフィール

田浦紀子(たうら・のりこ)
1978年大阪市生まれ。京都精華大学卒業。在学時代に、弟の髙坂史章と共に阪神間の手塚治虫ゆかりの地を記した研究誌「虫マップ」を発表。改訂を重ねながら様々な媒体で発信し続ける。近年は大阪を中心に、手塚治虫ゆかりの地をめぐるイベントを主宰。手塚治虫の同級生たちの講演録をまとめた『親友が語る手塚治虫の少年時代』を今春に和泉書院より上梓。

伴俊男(ばん・としお)
1953年、京都市生まれ。1974年、手塚プロダクションに手塚治虫のアシスタントとして参加。雑誌漫画の制作現場のサブ・チーフを務める。「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」など多数の手塚漫画の制作に関わった。手塚没後は『アサヒグラフ』に伝記漫画「手塚治虫物語」を連載、1992年、朝日新聞社より刊行。

黒川拓二(くろかわ・たくじ)
1940年、広島県生まれ。1965年、早稲田大学政治経済学部卒業。1966年、少年画報社へ入社、「少年キング」漫画班に配属。1968年から「ノーマン」などで手塚番を約2年担当。
「ヤングコミック」の編集を経て「少年キング」の編集長。1974年夏の特別読み切り企画では手塚治虫漫画家生活30周年記念として「紙の砦」を担当。
後に出版部に移り、2000年、定年退職。

小出幹雄(こいで・みきお)
1958年、トキワ荘のあった豊島区南長崎生まれ。1992年から家業の時計店・スエヒロ堂を継承し、商店会や町内会などの地域活動に参加。2008年よりトキワ荘記念碑設置実行委員会、トキワ荘通り協働プロジェクトの事務局長を歴任。現在、としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会の広報担当、NPO日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム理事。


【開催レポート】第9回トキワ荘塾 対談「手塚治虫の少年時代」

【開催レポート】特定非営利活動法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム 第9回 トキワ荘塾

「ザ・淀川」2017年10月号

大阪市淀川区のタウン誌「ザ・淀川」の取材を受けました。取材執筆は美人編集長の乃美夏絵さん。
『紙の砦』の冒頭シーンのモデルになった、阪急電車が中津駅に向かって走り込んでくる鉄橋の前で写真を撮っていただきました。手塚治虫が学徒勤労動員で通っていた大阪石綿工業大阪工場の跡地や、『紙の砦』の主人公・大寒鉄郎とヒロイン・岡本京子が話す淀川の河川敷を一緒に歩きました。
10月7日の「六稜トークリレー」のことと合わせて「虫マップ」や拙著『親友が語る手塚治虫の少年時代』の紹介記事を書いてくださいました。
掲載は「ザ・淀川」2017年10月号。9月25日より大阪市淀川区で全戸配布。
ホームページでPDF版が見れます。

“虫マップ”で手塚治虫ゆかりの地へ
10月7日は北野高校で講演会

マンガ家・手塚治虫さんが旧制北野中学校(現・大阪府立北野高等学校)の卒業生であることはご存知の方も多いはず。今春、同級生も多く登場する『親友が語る手塚治虫の少年時代』と題した本が出版され、10月7日には同テーマの講演会が毎月一回北野高校内にある六稜会館で開かれている「六稜トークリレー」で行われます。
講師は、本書の編集・著者の田浦紀子さん。約20年前より阪神間の「手塚治虫ゆかりの地」を訪ね歩くことをライフワークとし、それらを記した「虫マップ」を作成。紙やインターネット等様々な媒体で発信を続けています。
例えば、北野中学時代の体験が基となった『紙の砦』。時代は戦中、手塚治虫さんは学徒勤労動員により、中津にある大阪石綿工業大阪工場へ通っていました。田浦さんの「虫マップ」によると、冒頭のシーンは中津駅。鉄橋の上を阪急電車が「ゴーッ」と走る風景を今も見ることができます。主人公の大寒鉄郎が、ひと目惚れした岡本京子と話しているのは淀川を望む河川敷と想像できます。
「『紙の砦』には、過酷な勤労動員や空襲が激化していく様子など当時のエピソードが色濃く描かれています。大阪大空襲で多くの人の死を目の当たりにし、自分もいつ死ぬかわからない中で生に執着する。手塚先生にとっては生きることがマンガを描くことであり、戦争への抵抗が象徴された作品だと思います。戦争が終わって梅田の灯りを見たときの感動の大きさは、その後の作品でも梅田の風景が描かれ続けることから伝わります。未来の子どもたちへの反戦メッセージが込められているように思います」と田浦さん。
今回出版された『親友が語る手塚治虫の少年時代』は、「虫マップ」の延長として取り組んできた講演会の記録を編集したもの。林久男さん、岡原進さん、金津博直さんなど、北野中学時代の手塚治虫さんの同級生達が、自身の思い出話をいきいきと語っています。
「同人誌制作にいそしんだ六稜昆虫研究会での活動、教官をも感心させた絵の才能、そして太平洋戦争中の学徒勤労動員。いわゆる〝手塚治虫伝〟とは少し違う真実の姿にふれてもらえたら」と田浦さん。講演会当日は、手塚治虫さんの直筆イラストや北野中学時代の同人誌『昆蟲の世界』など貴重な展示の見学会も実施します。

10月7日(土)六稜トークリレーで講演します

手塚先生の母校・北野高校で行われる「六稜トークリレー」で講演いたします。

日時:2017年10月7日(土曜日)午後2時~(開場・午後1時半)

会場:大阪府立北野高等学校 六稜会館3階ホール

参加費:500円(六稜同窓会維持協力金)

※六稜同窓会事務局のご配慮で、手塚先生の北野中学時代のデッサンや同人誌『昆蟲の世界』、講演時に模造紙に描いた直筆イラストなどが収蔵された、地下ギャラリーの見学の機会を設けます。めったにない機会ですので、是非ご参集ください。

【開催レポート】10/7六稜トークリレー「親友が語る手塚治虫の少年時代」

詳細:六稜トークリレーのページへ

アクセス

「図書新聞」3313号

『親友が語る手塚治虫の少年時代』の書評が、7月22日発売の「図書新聞」3313号(2017年7月29日)に掲載されました。

手塚治虫マンガの原点は昆虫採集にあった―手塚は小学生のときからすでに天才だった 大野秀樹

http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/shinbun_list.php?shinbunno=3313

【web記事版】http://www1.e-hon.ne.jp/content/toshoshimbun/3313_2.html

7月29日(土)朝7時半~NHK「ウィークエンド関西」

NHK大阪放送局制作の、中之島界隈の手塚治虫ゆかりの地特集番組の制作に協力しました。
番組は7月29日(土曜日)朝7時半~8時NHK総合の「ウィークエンド関西 西日本の旅」です。
http://www4.nhk.or.jp/P2850/
関西ローカルの番組ですが、放送後に一週間ほどHPにて動画が公開されるようです。

先日『陽だまりの樹』の舞台の適塾、カールツァイスⅡ型プラネタリウムが展示保存されている、大阪市立科学館、大阪大学跡地でロケを行いました。

中之島界隈の地図をスケッチブックに描いてみました。色鉛筆で描き、そこにゆかりの地をふき出しでプロット。

ロケ後にNHKの撮影クルーの方と一緒に記念撮影。右からディレクターの新井直之さん、アナウンサーの松苗竜太郎さん、カメラマンと撮影スタッフの方。

科学館での打ち合わせの際、『漫画天文学』の絵の上に描かれた手塚先生のサインを出していただきました。

【追記】番組概要が掲載されています。

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/201/621715/

「神戸新聞」2017年6月27日朝刊

6月27日の神戸新聞朝刊で、先日の京都国際マンガミュージアムのイベントの様子と『親友が語る手塚治虫の少年時代』の本の紹介をしていただきました。記者の田中真治さんとは旧知で、過去に『アトムの世紀はじまる』という神戸新聞での手塚関連の連載をまとめた本を2003年に出版されています。
WEB記事版でも読めますのでご覧ください。
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201706/0010318824.shtml