シュウエケ邸(建築家ハンセル旧自邸)

登場手塚作品:『アドルフに告ぐ』(1983~1985)

『アドルフに告ぐ』第29章で、ドイツ劣勢の戦局を聞いたアドルフ・カウフマンは気が立ったまま、クラブ・コンコルディアを後にする。そこで、偶然エリザ・ゲルトハイマーと出会う。エリザへの未練を断ち切れないカウフマンは、「君のベルリンに残してきた家族の手掛かりをつかんだ」と嘘をつく。このシーンの背景で描かれているのが、シュウエケ邸である。カウフマンの後ろに描かれている門扉や石畳などが正確に描かれている。

シュウエケ邸は、明治29(1896)年、建築家アレクサンダー・ネルソン・ハンセルの自邸として建設された。シュウエケ家の自邸として使用されているため、現在は内部は非公開となっている。