宝塚ホテル

登場手塚作品:『スリル博士』(1959)

大正15(1926)年に創業したクラシックホテルで、旧館は古塚正治の設計。創業時の建物が今でも残る。
手塚家はこのホテルの 常連で、家族で食事に訪れたり、父・手塚粲が所属する会合などで、ホテル主催のクリスマスパーティなどに参加していたという。なお、宝塚ホテルには 当時から高級フランス料理店があり、手塚家では三段重の折り詰めを正月用に取っていたという。
1959年10月4日、手塚治虫の妻となった岡田悦子さんとの結婚式が宝塚ホテルで執り行われた。手塚治虫は同年に描いた漫画『スリル博士』のラストシーンで宝塚ホテルを登場させている。