須川 手塚家墓所

須川湖近くの須川公民館の前で車を止め、小高い丘陵地を登ると、たくさんの古い墓石が並んでいる。それが手塚家の墓所であった。

手塚家祖先の墓

手塚家祖先の墓

手塚太郎光盛は、一族の命運を木曽義仲に懸けていたため、1184年の粟津の戦いで木曽義仲が敗死した後、源頼朝に田畑家屋敷を没収され、一族は手塚地区から須川地区に落ち延びた。落人(おちうど)となったため「手塚」の名前を出すことをはばかり、暮石には「手塚」の文字は書かれなかったそうである。

須川湖

須川湖