【長野県上田市】手塚太郎金刺光盛ゆかりの地

登場手塚作品:『火の鳥・乱世編』(1978~1980)

長野県上田市は、平安時代末期の武将・手塚太郎金刺光盛とその一族が居を構えていた土地である。手塚太郎光盛は、手塚治虫の先祖にあたり、『火の鳥 乱世編』で木曽義仲に「火の鳥が見つかった」と進言するワンシーンで登場する。

手塚家のルーツについて詳しく知るきっかけとなったのが、2016年2月12日放送のNHK「ファミリーヒストリー」であった。番組によると、長野県上田市には「手塚」という集落があり、その地名から「手塚氏」と言われるようになったとのこと。また、須川地区には「手塚姓」の家族が今も多数存在するそうである。そして、『手塚太郎金刺光盛―手塚一族の後裔はどこへ?―』の著者ある上原榮治さんの案内で、上田市内の手塚家にまつわる旧跡を訪ねることとなった。上原さんは、母方姓が「手塚」でご自身の先祖が手塚光盛だそうである。

手塚太郎金刺光盛ゆかりの地

手塚太郎金刺光盛 上原さんの本

上原榮治著『手塚太郎金刺光盛―手塚一族の後裔はどこへ?―』(2015年 グリーン美術出版)

手塚治虫の略系図

上原榮治さん

上原榮治さん

 

長野県上田市手塚

バス停「手塚」