諏訪山公園

登場手塚作品:『アドルフに告ぐ』(1983~1985)

神戸の街を一望できる諏訪山公園で、エリザとアドルフ・カミルは、ユダヤ人の祖国・イスラエルへの思いを二人で語り合う。

諏訪山公園一帯は、かつては諏訪山神社を中心として温泉や動物園などがあり、多くの著名人が訪れるなど、神戸市民の行楽地となっていた。明治7(1874)年には展望台でフランスの観測隊が金星観測を行ったことから同地は[金星台]と呼ばれた。標高90メートルの金星台から標高160メートルの諏訪山展望台を繋ぐ90メートルの螺旋橋が、1971年に完成した[ビーナスブリッジ]で、橋を登り切ったヴィーナステラスには[愛の鍵モニュメント]がある。

第20章で二人が語り合っている場所は金星台だが、現在は樹木が覆い繁っており、神戸の街を見渡すには展望台まで登る必要がある。

また、第16章のカミルと小城典子が三宮で会うまでのナレーションは諏訪山からの俯瞰風景で始まり、川崎造船所やエリザが船で到着した新港突堤なども描かれている。